2016年06月11日

南直哉さんの話の続き

今年3月に書いた「南直哉さんの話を聴いた」の反響が大きかったので続きを書いてみようと思った、などと言うことができれば少しは体裁が良いと思うのですが、お察しのとおり反響など全くありません。

ただ、その記事の内容と、その中で引用しているYouTubeの動画を改めて見直してみると、間違いや私の思い違いがあることと、その後に変化があったので、少し書いてみます。

まず、前回、
『話を戻して、南さんは当然後者の話をされるのかと思ったら、「私たちは気がついたらこの世にいて、勝手に名前を付けられ、共同社会の中に組み入れられている・・・」というようなことを話され、本心がどこにあるのか分かりませんが、「えっ?」と思ってしまいました。』
と書きましたが、引用しているYouTubeの動画「宮崎哲弥・南 直哉 私とは何なのか?」(全部で49分34秒) の中では、語られていないようです。

別の動画で観たのだと思いますが、見つけることはできませんでした。
ただ、南直哉さんが語られたことは確かです。

ちなみに、この動画の 35:38〜 辺りから『老師と少年』の本を出版した後、『ストレスが溜まる書物だと言われた。・・・』と南さんは語っておられます。
私も読んでみましたが、確かに理解が及ばなかったこともあって、ストレスが溜まりました。

例えば、「第七夜」の老師の言葉を引用してみると次のようになっています。

『自分が存在するのではない。存在するのだ。自分が生きているのではない。生きているのだ。問いはそこから始まる。「自分」からではない』・・・と続いていきます。

私には訳が分からない。

私はこの本を読む前から、上記で最初に引用した私の前回の記事の箇所から推察できるかもしれませんが、『ひょっとしたら南さんは「実存主義」なのかな?』と薄々思っていました。

だとすると、
『サルトルのように「人は勝手に生まれて勝手に死んでいく。そこに神の介在はない。」という考えと、「今あなたがいるのは、神様や仏様の意思であり、人はそれぞれ意味を持って生まれてきたのだ。」という考えの対立です』
と私が書いたのは間違っているのでしょう。

先入観から、私が勝手に「実存的な考え」と「宗教的な考え」は対立していると思って書いたからです。
そういう捉え方自体が間違っているようです。

キリスト教神学者の中にも「実存主義」的な人も沢山いるらしい。


大体私は、「本質」よりも優先される「実存」という考えが分かっていないし、どうも人によってそれぞれ「実存」と言っている内容の格差が大き過ぎると思っていて、余り深入りしたことはありませんが、何となく勘で「これは実存的な考えかな?」という感じはあります。

若い頃、ニーチェの「ツァラトゥストラ」に何度か挑戦しましたが、いつも最初の方の「見よ、超人が山を降りて来た」?だったかの辺りで撃沈され、3〜4連敗したままです。

全然関係ないんですが、思想的な書物以外の別のジャンルの入門書的な解説書で、『・・・については、実存的に理解することが大切である』などと記述されているのを読んだことがありますが、大抵は以前から私が漠然と思っていたように、単に「あるがままに受け入れる」というような意味で解釈すれば、意味が通じるような気がしています。
大袈裟に書かなければいいのに、と思いました。
私の考えが浅いのかも知れませんが。


さて、この記事の上の方で「その後に変化があった」と書いたのは、いろいろ調べているうちに、南直哉さんが書かれているのであろうブログの【「恐山あれこれ日記」『「業」について』(2016年05月30日 | 日記)】に行き着き、その中で、「実存」という言葉が直接何度も出てきたからです。
「やはりそうだったのか」という感じです。

いきなり、『仏教に「輪廻」というアイデアは不要だが「業」は違う。』という書き出しで始まっているのも衝撃的ですが、今はそこまで考える余裕がないので、取り敢えずそこはスルーします。

南直哉さんの話は、納得できるものが多く、強く惹かれるので、今後も勝手に付いていくつもりです。


なお、「還暦ともやもや」でのクイズの答えは、コメントをいただいたとおり、日月火水木金土 → 英語表記で「W」です。
2016年03月23日

南直哉さんの話を聴いた

予告もせず、更新が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
不調がこんなに長引くとは思っていませんでした。

昨日、宮崎哲弥さんの動画を探していたら、南 直哉(みなみ じきさい)さんとの6〜7年前?の対談の動画があり、大変興味深い内容でした。内容は、「難しい」というか、後から少し考えてみないと私には付いていけないところがありましたが、難解な仏教用語などはなく、日本の現状を平易に語っておりとても好感が持てました。

「南 直哉」さんは、昭和33(1958)年生まれで、ウィキペディアによると次のように書かれており、多数の書を出されているようですが、私は迂闊にも全く知りませんでした。

『南 直哉は、日本の曹洞宗の禅僧。 長野県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て、1984年に曹洞宗で出家得度。同年から曹洞宗・大本山永平寺で約20年の修行生活を送る。 送行後、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代に就く。Wikipedia』


私が勝手に思っているんですが、この世の人間の分け方はいくらでもあって、例えば、「男か女か」「右利きか左利きか」「蛸の刺身を食べられるかどうか」「ケインズ主義か新自由主義かその他の主義か」などいろいろ考えられ、思想的なものになればなる程、各種アンケートのように「どちらでもない」「分からない」が当たり前ながら増えていきます。

何が言いたいかというと、『「私」というものは、なぜ存在しているのか?』という昔からの命題についての考え方についてです。

サルトルのように『人は勝手に生まれて勝手に死んでいく。そこに神の介在はない』という考えと、『今あなたがいるのは、神様や仏様の意思であり、人はそれぞれ意味を持って生まれてきたのだ』という考えの対立です。

私は後者ですが、「どちらでもない」「分からない」人が多いと思います。頭で考えたのではなく、直感的に「こっちだ」と言える人もいるでしょう。大体考えたって分からないことなので、人それぞれの思い込みによるしかないと思います。

全然関係ないんですが、私の知っている人に「共産党の神主さん」がおり、別にどんな思想でも構わないけど、共産主義というと「唯物論」のイメージなので、ご利益はなさそうだなぁと思ったことがあります。

話を戻して、南さんは当然後者の話をされるのかと思ったら、『私たちは気がついたらこの世にいて、勝手に名前を付けられ、共同社会の中に組み入れられている・・・』というようなことを話され、本心がどこにあるのか分かりませんが、「えっ?」と思ってしまいました。

『「自己存在の根拠」がない不安を人は持っており、「そこにあなたがいるだけでいい」と認めてくれる存在、特に母親が、人が幼い時には大きな役割を果たす』と語る。そこで宮崎さんは、『不安の代償として神が現れた』というようなことを少し言った。そして、『その延長として神やイデオロギーに、絶対的なものに「不安の代償」を求める人が出てくる』と言う。南さんも同意したが、そういう考え方もあるのか、と少し新鮮な思いがした。

別に内容を紹介したり、解説する気持ちも能力もありませんが、印象に残った言葉をいくつか挙げてみます。
南さんを批判するつもりは全くなく、逆に元気になったら著作を読みたいと思っています。

宮崎哲弥・南 直哉 私とは何なのか?

・この世で、多少悪いことを行いながらも善を求めるか、善も悪もないあの世へ行くかの選択。
・「夢と希望を持て」とあまり言うな。日本では近代の前までは「夢も希望もない」人々が堂々と生きていたではないか。
・自殺を考えたことのない人間はダメ。
・自殺したいと言う子どもは、死にたいのではなく、今の状態の中で生きるのが嫌だということ。その違いが分からないと子どもから共感が得られないし、何も解決しない。
・直ぐに答えが出るものばかりではない。
・悩みを抱えながら生きていく。
・経典には何も答えは書いていない。真に受ける必要もない。参考にすれば良い。

これは端的に私が勝手に書いただけで、南さんはこんな偉そうな言い方はしていません。別の動画では、自分のことを「わし」と言っていました。
「追記」
春はあけぼの ボタンの三つ四つ、二つ三つなど押すも いとをかし

◌◐◒◓◑◔◕
ブログランキング・にほんブログ村へ