2016年09月12日

中秋の名月と仏滅と13日の金曜日と剰余系

今風に言うとリア充でないためか、昔のことばかり思い出してしまいます。
先日「中秋の名月」という言葉を聞いて、昔読んだ随筆を思い出した。

ある小説家が「今年の中秋の名月は、仏滅だった。」と小説に書いたところ、これを読んだ友人の小説家が、「おい、中秋の名月の日は、毎年『仏滅』と決まっているんだぞ」と言ったという話です。

当時はそれを確認するのも面倒だったので、「そうなのかな?」と思っただけでしたが、最近netで調べてみると本当でした。
旧暦の8月15日が「中秋の名月」になるらしく、今年は9月15日だそうです。
さらに、「こよみのページ」さんによると、旧暦の月と日を足して6で割った時の余りが5になると『仏滅』になるということでした。

(8+15)÷6=23÷6=3 余り5 で、『仏滅』です。

これは6の剰余系の話ですね。余りが「0」なら『大安』となるそうです。「こよみのページ」さん、ありがとうございました。

この『大安』『仏滅』『友引』などという六曜は、結婚式やお葬式以外では余り関係ないと思っていましたが、以前、中堅の建築会社の社長さんと次回の打ち合わせの日を決めるときに、「その日は大安ではないですね?」と訊かれて、「?」となったことがありました。
「この時期、大安だと関係会社の起工式などに呼ばれることがあるので、できれば避けて欲しい」とのことでした。
世間知らずの私は、「いろいろあるんだなぁ」と思った次第です。


次は13日の金曜日の話。
毎年必ずあるものなのでしょうか?

結論から言うと、「13日の金曜日」は毎年あって、閏年でも同じです。
確認の方法の1つは、前年の12月31日を「0」、1月1日を「1」と数えていって、毎月の13日が何番目になるを見ていくことです。
1月13日は13番目、2月13日は、1月は31日まであるので、31+13=44 番目というように、1年の各月の13日が1〜365 or 366 の何番目になるかを調べて、それを7で割ったときの「余り」を見てみると、0〜6まで全て出てくることから確認できます。

7の剰余系ということですが、もちろんこんなアイデアは私には思いつきません。
何かで読んだことがあるだけです。

そう言えば、眼科で次回の診察日を決めるときに、「〇月13日の〇時」と言われ、つい診察室のカレンダーを見て「あっ、13日の金曜日で仏滅で三隣亡の日ですね」と余計なことを言ってしまい、女医と
「別の日に変えましょうか?」
「いいえ、構いません」
と妙な会話をしたことがありましたね。


50人位の参加者がいる研修に行ったとき、「次の時間は、7つの小グループに分かれてミーティング形式で研修を行います。」ということになって、参加者名簿に順に番号を振ってあるが、小グループ名が書かれておらず、どうやって分けるのだろう?と思っていたところ、「各自の番号を7で割って、余りが0の人はこの辺に、1の人はこの辺に、・・・と、各自の机と椅子を持って来てください」と言われた。
なるほど上手い方法だが、計算を間違えたりすると恥ずかしいので、最初からグループ名を書いておいてくれればいいのに、とも思った。


[おまけのクイズの答え]
「野球場で組み、車の中で上がると困るものは何か?」という、なぞなぞでしたが、あまりいい問題とは言えず、掲載したことを少し後悔しています。。。。
答えは「バッテリー」でした。
「円陣」までは考えたという人がいたら、お疲れさまでした。

※一部字句を修正しました。
タグ:

ブログランキング・にほんブログ村へ