2016年02月10日

伝記、偉人伝そして福沢諭吉

福沢諭吉が書いたと言われる『脱亜論』が、netを見ていると時々引用されているので、またまた昔のことを思い出した。

小学生の頃、教室に小さな本棚があって伝記が並べられていた。
ハードカバーの本で背表紙には大きな字で、「シュバイツァー」「野口英世」「北里柴三郎」などと書かれた偉人伝だった。

児童の数から考えても、また記憶にもないので、授業中に強制的に読まされたということはなかったと思いますが、本好きの子はよく読んでいたようだったし、私のように、そうでない子でも時々読んでいました。もちろん、1学年のうちに各自全部読みなさい、などと教師から言われた訳ではありません。

どの伝記を読んでみても、子どもの頃、やんちゃ坊主だったり、勉強ができなかったりということはあっても、その後、人並み外れた努力をして、一生懸命勉強を続けて、品行方正で、強い信念を持ち、アフリカに行って医療活動をしたり、細菌を発見して人命を救うための治療に繋げたり、歴史的な大発見をしたりといった感じの内容で、とても自分には真似ができそうにないことを行った人の話ばかりだった。
だから伝記になっているんだと思いますが。

その中に「福沢諭吉」もあり、『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』という話や米国・欧州見聞の話、文明開化や教育に尽力した話などがあった、と思いますが、内容はきれいに忘れています。

近所の店に行くと、大きめのカレンダーに、

一番悲しいことは、嘘をつくことである
一番みじめなことは、人間として教養のないことである
一番寂しいことは、する仕事のないことである
・・・・
というような諭吉の格言が書かれていたことがあり、何か説教されているようで少し嫌だったのを覚えています。

その後かなりの年月を経て、書店で『福翁自伝』という本を見つけて、面白そうだったので購入した。岩波文庫だったと思う。帰宅して読んでみると、伝記などのイメージと全く異なる人間臭さのある福沢諭吉が登場し、面白かった。
手元に本がないので、また曖昧な記憶で書いてみます。間違い勘弁。小見出し適当。

(1)適塾での囲碁の観戦
   大阪の緒方洪庵の適塾で、諭吉は他の仲間とそれこそ「学問」をすすめていた訳ですが、その合間に仲間が囲碁の対局をすることがあり、諭吉が横で見ていると、「さっきの手が悪い」「ほら、やっぱりこうなった」「これは○○が優勢だ」とか、いつもやかましい。
その後、「福沢がどれほど強いのか、俺と対局しろ」と言われて、やむなく諭吉は応じるが完敗する。
諭吉は囲碁が強かった訳ではなく、ただ対局中の両者の表情を見て、いろいろと口を挟んでいただけだった。

(2)米国での記念写真
   これは少し有名な話らしい。咸臨丸で米国から帰国する洋上で、密かにサンフランシスコの写真館でその店の娘と撮っていた写真を皆に見せて悔しがらせた、という話。当時の写真は、10分間ほど、じっとしていなくてはならないものだったと思うが、諭吉も人が悪い。

(3)暗殺の心配
   江戸末期から明治初期は、動乱の時代というのか、国の針路を巡って激しい意見の対立があり、暗殺も多く、諭吉にも危険があった。
ある時、諭吉が一人で道を歩いていると、向こうから浪人が歩いてきた。諭吉も武士であったから帯刀しており、相手も同様であった。諭吉は斬り合いは何としてでも避けたかったが、相手が斬りつけてくればやむを得ないと考えていたようだ。

道の端を歩いて弱いと思われてはいけないと思い、堂々と道の真ん中近くを歩くようにしたところ、何と相手も道の中央に寄って来た。
すれ違う時、互いの刀の柄(つか)が当たり、諭吉はとっさに走って逃げた。数10mくらいだと思うが、振り向いてみると相手も走って逃げていた。
向こうも同じことを考えていたのかと、諭吉はおかしくなって笑ったという話。

感想等については、おこがましいので止めておきます。
2016年01月13日

少し文学的

今では著作権の関係であまり無いのかと思いますが、以前には、高校とか大学の国語の入試問題で、文学作品の一部を抜粋して「作者がここで述べたい趣旨を○○字以内で記述しなさい」などという問題が出ることがありました。

その時は別に受験生ではなかったんですが、これにはちょっと考えさせられました。
そんなことを短い言葉で簡単に表現できるのか、という感じがしたからです。
また今では、一般の文学作品についても、そもそもそれは言語化できるものなのか、という気もします。

新聞に試験問題が掲載された翌日、予備校の講師や大学教授が模範解答のようなものを示して解説するTV番組があったので、ちらっと観ていたんですが、ある大学教授がこのような問題を解説した後、「でも作者は本当は別のことを考えていたのかもしれませんね」とさらりと言ったのには驚きました。

長い文章を引用した問題なので、他にもその内容に関連した設問がいくつかあって、恐らくその辺りから出題者の意図を汲み取って、求められていると思われる解答例を示したが、「文学はそんなものではないよ」と言いたかったのではないかと思います。

 (※ここまでは、2015.12.15に投稿した一部を修正して再掲載しました。)

狐狸庵先生こと遠藤周作が、母校の灘高に行って生徒の前で講演したビデオを観たことがあります。
講演の後で生徒から質問を受けたのですが、最初に2〜3人の生徒が一緒に立って「芥川賞の傾向と対策について」と質問したところ、遠藤周作は見る見る怒り出し、「何?、もう一度言ってみろ」「東大とは違うんだぞ!」「文学を舐めるなよ」と言って、「もう質問は受けない」と降壇してしまいました。

随分若い頃『走れメロス』を読む機会があり、最後の「勇者は赤面した」は気に入っていましたが、他の箇所は何とも思わなかったです。当時は、ハッピーエンドのような小説や読み物があまり好きではなかったこともあります。

その頃は、小説はあまり読んでいなかったのですが、遠藤周作、北杜夫、安岡章太郎などのエッセー集が文庫本で出版されるようになり、作家同士の交流の面白い話があったりしたので、そちらを読むようになりました。
その中で太宰治やトーマス・マンなどの作品への言及があったので、それも読むようになった次第です。

『走れメロス』以降の太宰治の作品などを読むと、「重いなぁ〜」という感じがして、「文学というものは普通の人が隠したり、意識していない『人間の業』というのか『醜いところ』を容赦なく抉り出しているようで厳しいなぁ」と思っていました。


また機会があれば、昔読んだ本を読み直してみたいと思っています。
2015年12月17日

軽い話

今日は軽い話を書いてみます。いつものように記憶違いがあるかもしれません。、

1.ショックレー
 ショックレーは米国の物理学者で、トランジスタを発明したということでノーベル物理学賞を受賞した人です。
この業界には、「理論屋」と「実験屋」と言われる人々がいるようですが、ショックレーは理論屋でありながら、実験屋を率いてトランジスタの発明に繋げたらしいです。

後に、「IQが高く優秀な人間の遺伝子を集めて広め、人類の将来に役立てるべきだ」という主張をするようになり、自ら精子を精子バンクに提供しましたが、差別的発言のために、世間から非難を受けることになりました。
このとき1人の科学者が言いました。
「やはり昔ながらの方法が良いのではないか」。

2.金曜日の結婚
 英国のバーナードショーが言ったのだと思いますが、こんな話を思い出しました。
結婚を控えた青年が相談に来て、「金曜日に結婚すると不幸になる、というのは本当でしょうか?」と真顔で尋ねた。
バーナードショーは即座に答えた。
「もちろんですとも。どうして金曜日だけが例外であり得ましょうか」。

3.世界ジョーク集 アラブ編(だったと思う)
 ある男性が顔に傷を負って帰宅した。
家族が驚いて「何があったのか?」と訊くと、男性は語った。
「実は通りを歩いていると、向こうからひ弱そうな男が歩いて来たんだ」。
「ところが、それが弱くなかったんだよ」。
春はあけぼの ボタンの三つ四つ、二つ三つなど押すも いとをかし

◌◐◒◓◑◔◕
ブログランキング・にほんブログ村へ