2017年01月20日

人の寿命

実は、10〜20年くらい前に人の寿命について考えていたことがあるのですが、内容が内容であるために、不謹慎と思われると思い、また、誤解を招きやすく、自分自身で確信を持った考えと言う訳ではないので、今まで余り他人に話したことはありませんでした。
その後、考えを進展させたこともなく、根拠も乏しいので抵抗がありますが、備忘録として一度は書いておきたいと考えていたので、書いてみます。


私は人の寿命は120歳だと思っています。
だから、たまに「世界最高齢 124歳」などというニュースが報じられても、私は信用していません。
私が人の命が120歳だという根拠は、
@キリスト教の旧約聖書の「創世記」にそのように記されていること。
A我が国で、還暦、喜寿、傘寿などの言い方がありますが、120歳の「大還暦」以降は、そのような言い方がない(私は聞いたことがない)ということです。
ただし、聞いたことはないが、250歳の「天寿」はあるらしい。

その辺りのことを述べる前に、「人は何故死ぬのか」ということを、自分の乏しい知見で書いてみます。
人が歳をとって死ぬのは、
(1)言わば機械が老朽化するように摩耗して、生物学的な機能が衰え、生命が維持できなくなる。
(2)DNA→RNA→DNAの複写、転写が遺伝子の紐がだんだん短くなって、うまく細胞の分裂・再生ができなくなる。
(3)DNAは、そもそもその生命体が長く存在することは考えておらず、DNA自らが進化・発展して生き永らえることを目的としている(遺伝子乗り換え論を採る人々の内の一部)。
などという意見が思い付きます。

ただ、ここに挙げたDNAの話は、私の数十年前の知識を基にしているので、現在の正しい知見ではないかも知れません。

別の視点から考えてみると、例えば20歳代の青年と500歳代の元気な老人が一緒に暮らす社会というものがあれば、とても暮らしにくく、生物学的に言っても、進化が止まり、種の存続の危機に陥るのではないかと思います。

また、スピリチュアリズムの人は、「寿命は魂の問題に関わる」と言われるかも知れませんが、今はそのことには触れません。


「人が年老いて死ぬ」ということは、科学的には証明できないと思います。
自分の周りや過去の歴史上、「今までみんな死んでいる」「死ななかった人はいない」という経験的な事実がその根拠になっていると思います。


さて、@の聖書の話ですが、余計なお世話ですが、少し脱線して偉そうに言いますと、初めて聖書を読むときには、「新共同訳」の聖書を使うのが原理主義に陥らず、無難だと思います。
晴佐久神父によると、『ピーとカーが話し合いながら聖書を訳した』ということなので、公平性があると思います。
ちなみに、ピーはプロテスタントで、カーはカトリックです。

阿刀田高さんが、『旧約聖書を知っていますか』という本を出版していますが、その中に「アイヤヨ」という話が出てきます。
何のことかというと、キリスト教による人類の系譜を示していて、アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨハネということらしいです(c.f.マタイによる福音書など)。

また話が飛びますが、聖書には同じ名前が沢山出てきて混乱します。
そこで、その人の出身地を頭に付けて呼ぶことが多くあります。
例えば、「聖母マリア」は有名ですが、その他にイエスや聖母マリアと行動を共にしていた、「マグダラのマリア」がいて、高齢の別のマリアが身籠った時に祝福したりしています。

私の友人のヒツジさんは、以前、ウイリアム王子の第一王子の命名に際して、『次は、順番から言ってジョージかな』と言っていましたが、私は何でそんなことが分かるのか不思議でした。
今度彼に会ったら訊いてみます。

ところで、アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨハネは、700年〜900年くらい生きたらしい。
創世記によると、
「主は言われた。
『わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。人は肉にすぎないのだから。』
こうして、人の一生は120年となった(創世記、6−3)」。


これが私の1つの根拠です。
その後、確か、モーセは120歳、神に虐められたヨブは130歳まで生きたらしい。
旧約の時代に120歳という寿命はとてつもなく大きい。
平均寿命という言葉があるが、当時は出産、疫病、感染症、飢餓さらにヘロデ王による『1歳(2歳?)未満の男の子は全て殺せ』という命令が出たりするのだから、平均寿命は40歳も行かなかったんじゃないかと思う。

20〜30歳の人にとって平均余命は、恐らくせいぜい30年くらいではなかったかと思う。
60歳ともなれば、多分ヨボヨボのお年寄りだ。
私が子供の頃、少年漫画の「少年サンデー」だったと思うが、読者投書の笑い話で次のようなものがあった。

婆さんが歩いていると、乱暴な運転をする車があって、婆さんは若い運転手に文句を言った。
婆さん:『危ないじゃないか、下手糞。どこ見て運転してんだよ!』
運転手:『何だと、俺は10年運転してるんだぞ!』
婆さん:『わたしゃ、60年歩いてんだよ!』

笑い話としてはあまり面白くもないが、確かに当時60歳と言えば、老人だったと思う。
現在では、80歳を超えた人が、自転車、バイク、車を運転し、飲み屋に行く人がおり、元気なものだと思う。

Aの話は、論語から40歳「不惑」が来ているとか、草書体から、77歳「喜寿」、漢字の構成から80歳「傘寿」、99歳「白寿」などがありますが、120歳の「大還暦」、60歳(満年齢)の「還暦」以外は余り当てにならないという感じです。

また、大還暦で一応終わっているのは、そこが寿命というよりも、それ以上生きた人がいなかったので、そこで止めたんじゃないかと思ってしまいます。
根拠というには乏しいですが、洋の東西で120という数字が出てくるのは、不思議な気がします。

[おまけのクイズ]
これまた面白くもない話ですが、思いついたので掲載してみます。
記号論理学の話だったような気がします。

【ある地域に「正直村」と「嘘つき村」があって、それぞれ人々が住んでいた。
人に尋ねられたら、「正直村」の村人は、いつも本当のことしか言わないし、「嘘つき村」の村人は嘘しか言わない。
外部から正直村に行きたい人があって、2つの村に至る別れ道で、どちらの村人か分からない村人に遭ったのだが、どの様に尋ねれば、どちらが正直村に行く道か分かるか?】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446104764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

◌◐◒◓◑◔◕
ブログランキング・にほんブログ村へ