2016年01月22日

ブログを振り返って

更新が遅れてしまいました。
体調が悪いこともあったのですが、近頃、記事を更新しても読みに来てくれる人(以下「読者」という。)は1〜2人くらいしかいないんじゃないか?と思うようになり、モチベーションが下がったということも大きいと思います。
もとより読者数を大きく増やすことが目的ではないのですが、記事を読んで満足して帰られる人がいないのであれば、ブログを存続させる意味もないので、ブログをやめて自分で日記でも付けていた方がいいのかなと思います。

一方で、昨年の9月下旬からブログを始め、まだ4か月、記事数も20くらいなので、そんなものかなぁという気もします。時々ブログを始めた人が、毎日のように記事を更新しても誰も読んでくれないのでやめた、という話を聞きますが、相当のエネルギーを注いだのに反応がなく虚しくなった、ということでしょうね。

で、「ブログを閉めるのか」ということですが、ここが私のいい加減なところですが、暫く続けてみます。
一つは、htmlで苦労しましたが、大分思ったものに近い表示ができるようになったし、スマホでも見やすいようになったのではないかと思っており、苦労した分、愛着があります。
二つ目は、放っておいても記事の更新が1〜3か月なかったら、自動的にブログが閉鎖されるということです。
書く記事が浮かばなかったり、書く意欲が失せたら自動的に閉鎖されるので、自分から閉鎖しなくてもいいじゃ
ないかという、いい加減な考えです。

ブログをどうするかなぁと思って、始めた時にいい加減に書いた説明文を見たところ「身の回りのこと、ニュース、思想などについて思ったことを綴った気ままなブログです。」と書いていた。

ニュースをあまり書かないのは、ニュースの翌日には私が行くいくつかのブログで、知識・見識を持った人々が
評論、解説や主張をしているので、知識のない凡人が二番煎じの話をしてもどうかなと思ったり、凝り性の私が記事を書こうとすると、このニュースは信用できるのか、自分が使っている言葉や表現は妥当なものか、などと横の方に広がってしまって、自分がもともと何を書こうとしていたか忘れてしまったりして、記事にする時にはもうかなりの時間が経過しており、今さら記事にするのもどうかな、ということが多かったためです。

しかし、よく考えてみれば、そういう知識・見識、情報収集能力、膨大な過去の資料等を持った人のブログであるために自分も見に行くのであり、そこのブログ主はそれぞれの部門の専門家だということです。
こちらは凡人なので、評論や解説はできないが、ニュースなどで感じたことを、「気まま」に発信すればいいのではないかと思うようになりました。

過去の自分の記事を読むと、硬くて少し偉そうな感じがします。
そういうつもりは全くないのですが、自分なりに正確に書こうとした結果だと思います。
今後は、少し緩く、たまに間違いもある記事を「気まま」に書いてみようかなと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432875970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログランキング・にほんブログ村へ