,

2015年10月29日

帽子は嫌い(一部修正)

私は帽子が好きではありません。
子どもの時に、「刷り込まれた」のかと思っていましたが、20ほど歳が離れた後輩が、何かの文脈で、「僕は帽子を被った人が嫌いなんです」と言っていたので、満更そういうことではないのでしょう。

建物の中やTVのスタジオで帽子を被っている人を見ると、嫌悪感を感じて、TVならすぐに切ってしまったりしていました。ファッションだとしても、ちょっと嫌です。ジェロも好きでしたが、あの帽子姿は嫌でした。

TVは別にして、案外年寄りにこういう人が多いのが意外でした。頭髪を隠すためか、脱いで手に持つのが面倒なのかもしれませんが、酷い人になると、帽子を被ったまま病院や市役所などの公共施設、ケータイショップのカウンターに座って電話をしながら、手続きを行っている人がいます。
私は、みっともないと感じています。

ちなみに、プロ野球の試合などでは、ナイターにもかかわらず帽子を被っていますが、それについては全く違和感はなく、当然だと思っています。被らない方が、格好悪いと思います。「キャプテン翼」でゴールキーパーの「若林」が帽子を被っていたと思いますが、それも気になりません。

WIKIによるとエチケットとして、「もしその人物が家の中に入って来て、帽子を脱ぐようなら真の紳士。
帽子を脱がないのなら紳士のふりをしている男。
そして帽子をかぶっていない人物は、紳士のふりをすることさえあきらめている男。」
というのがありました。
私は3番目ですね。

さて、そうはいっても、真夏の暑い時期に屋外で作業をしたり、長時間歩いたり、スポーツをする人は、やはり帽子を被った方がいいと思います。

私が気になるのは、あくまで屋内での話です。

私が子どもの時、夏休みに親の実家に何日か遊びに行ったことがあります。かなりの田舎だったんですが、毎日、帽子を被らず小川や小高い山などを遊び回っていました。すると高熱が出て、酷い寒気も来て、結局医者が往診してくれて注射を打ち、「日射病ですね」と言われてしまいました。
やはり帽子を舐めてはいけないと思いました。

かなり年上の、もう高齢者に近い方と車に同乗した時に「何故、車の中で帽子を被るんですか?」と訊いたことがあります。すると、「夏場は車の天井が焼けて、頭が暑いんだ」と言われました。
今まで不思議に思っていたんですが、なるほど確かにそういうことはあるかもしれませんね。

まあ、それぞれ事情(特に外見からは分らないようなことも)があってのこととは思いますが、周囲を気にしての行動はして欲しいと思います。

私は、ファミレスなどに冬季に入る時には、入り口でコートを脱ぎます。
誰に習ったという訳ではありませんが、案内された席で脱ぐと、周りで食事をしている人にゴミが散らかるような気がして、他の客に不快な思いをさせるのでは、との思いからです。
こんなことは当たり前のことかもしれませんが、無頓着な人もいるので、そんな感覚を持つ人が少しでも増えてくれれば嬉しいです。
【生活・その他の最新記事】
posted by いわし雲 at 21:57 Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク