2017年03月10日

Hey Judeと占い師の話、ユングの性格診断

先週来、記事の本文を少し左寄りにして、右サイドとの間を空けよう、などとブログのデザインをいじったところ、右落ちしたり、記事が表示されなくなったりと散々でした。
その間に覗きに来てくれた人がいたら、申し訳ありませんでした。
継ぎ接ぎだらけコマンドなので、どれが有効なのかよく分からず、重複していると思われるコマンドを削除したりすると問題が起きたりします。
まだエラーは出ていますが、なんとか表示は改善されたと思っています。


さて、The Beatles に「Hey Jude」という曲があります。
私がこの曲を初めて聴いたのは、ビートルズが解散してかなりの年月が経過した後でしたが、「良い曲だが、とにかく長い」というのが、当時私が抱いた印象でした。

その頃は英語が全くできなかったので、歌っている内容も分かりませんでした。
たまたま『ヨーロッパで柔道の人気が高まっている』というTVニュースを観たせいか、最初に聴いた頃には『英国に来た日本の柔道家を讃えた曲なのかな』とひどい勘違いをしていました。。。


その中で、『Don't carry the world upon your shoulder.』という歌詞が印象に残っています。
「何でもかんでも一人で背負わず、肩の力を抜けよ」という感じでしょうか。

どうでもいいことを気にしがちな私にとっては、
『変えることができないこと、自分に直接関係のないこと、自分が関心を持っていないこと、に余り神経を使うなよ』と言われているような気がします。


脈絡なく話は勝手に飛びます。
ビートたけしの「たけし吼える!」(飛鳥新社)を読んだことがあります。
(多分)その中に、良く当たると言われている占い師の話があった。

その女占い師は、相談に来たお客の表情と手相を見て、
『あなたの悩みは、仕事(経済的問題)か、人間関係か、健康上の悩みですね。今は辛いでしょうが、そのうちにだんだんと良くなってきますよ』などと言うそうです。

これに対してビートたけしは、例の毒舌で、『人間の悩みなんて、そんだけしかねぇんだよ。そんなの放っておきゃあ、そのうち何とかなるんだよ。しょうがねぇなぁ』と言っていたと思います。

このように考えることができれば、良いと思う。
生きていく上で、忘れる能力、気にしない能力は、適度にあった方が良い。


ユング心理学で、性格タイプの話が出てくる。
性格診断などに関心がある人で、私よりも詳しい人も多いと思うが、私なりの単純な理解は次のとおりです。

「思考」と「感情」、「感覚」と「直観」、「外向」と「内向」という対立した概念が、それぞれ両端方向に向いている直線を考える。
その3本の直線を空間座標のx,y,z軸のように、原点で互いに直交させる。
その3本の軸で区切られた8つの領域のどの位置に属するかによって、性格の傾向の強さを分析する。

というものです。

ちなみに、ユングは一時期同僚だったアドラーを見て、人間には内向的な性格の人もいるのだと気づいて、「外向」と「内向」という軸を考えたという話もあります。

性格タイプを考えるときの前提として、

@性格の優劣を決めるものではない。
A性格は固定されたものではない。

ということがあります。

余り考えずに言ってしまいますが、
@は人それぞれに得手・不得手があるので、そうなのだろうと思う。
自分の性格に合った時代や環境の元では、人は生活しやすいと思う。
Aは自分の子どもの頃からの友達のことを考えてみると、当時、内向的で口数の少なかった人が、大人になったら社交的で喧しいくらい喋るようになったことを思い出した。
本人の性格が変わったのか、元々内に秘めていた性格が弾けるように外部に表れただけなのかは分からないが、外から見ると性格が変化したように見える。

この性格タイプというものが使えるものであれば、自分の思考・行動傾向が理解できて、生きていく上で役に立つかも知れない。

net上に「ユング心理学による性格診断」というものがいくつかあったので、試しに1つやってみた。
すると、「非合理的内向・感覚タイプ」となり、『人から誤解を受けやすく、直観による将来的見通しが苦手で、方向音痴が多い』などとひどい結果だったが、残念ながら当たっているようだ。

そういえば、人の話を伝えるのが下手で、何故か自分が言ったことになったり、私が人の悪口を言っているように受け取られたりと、確かに誤解を受けて非難されることが多かった。。。


今日はまた、思いつきでとりとめのない、少し湿った話になってしまい失礼しました。

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)
Wikipediaから

jung.png

◌◐◒◓◑◔◕
ブログランキング・にほんブログ村へ